コンテンツSEOとは?失敗しない実施手順や成果の出る記事制作のポイントを解説!

この記事で分かること
  • コンテンツSEOとは何か
  • コンテンツSEOのメリット
  • コンテンツSEOの実施プロセス
  • コンテンツSEOの運用ポイント
  • 良質なコンテンツ作成のポイント

コンテンツSEOを実施したいけど、「どのように始めるべきか分からない」「どうしたら成果が出せるのかが分からない」といった悩みを抱える方は少なくないでしょう。

現在のコンテンツSEOには、良質なコンテンツが欠かせません。また、適切な戦略設計ができなければ、高品質コンテンツを持っていても成果がなかなか出せません。

そこで、本記事では「コンテンツSEO」をテーマに、概要やメリットだけでなく、弊社が実践しているコンテンツSEOの実施プロセスなどを解説します。

コンテンツSEOの始め方が分からない方はぜひ参考にしてください!

無料ウェビナーのご案内

対象ユーザー

  • オウンドメディアの立ち上げを考えている方
  • オウンドメディアの成果が伸び悩んでいる方
  • 企業のSEO・オウンドメディア担当の方

日時

4/25(木)13時〜14時(途中参加もOKです)

無料のメールマガジン登録

SEOやWebマーケティングに関するお役立ち情報を、毎週配信しております。
弊社の経験をもとに作成している優良情報を公開いたします。

  • 週に1回SEOに関するお役立ち記事の配信
  • 毎週実施しているウェビナーの最新情報を受け取れる
  • 毎週公開しているSEO対策に関するお役立ち資料の最新情報が届く
目次

コンテンツSEOとは検索行動を主なチャネルとするコンテンツマーケティング

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを継続的に発信し、検索エンジン経由で集客を狙うコンテンツマーケティング施策の1つです。

コンテンツマーケティングは、WebサイトやSNS、メルマガなど様々な媒体を通じて、ユーザーへ良質なコンテンツを継続的に発信することで関係性を築き、最終的に集客を狙うマーケティング施策の1つです。よく混同されがちですが、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの1種であり、検索エンジンでの集客を主体とした施策です。

また、SEOの成果を最大化させるためにもコンテンツSEOは重要な役割を果たします。良質なコンテンツを継続的に発信することで、検索エンジンから評価されやすくなります。その結果、サイト全体の検索順位の向上にもつながり、SEO成果の最大化が可能になります

このように、コンテンツSEOはコンテンツマーケティング施策の1種でもあり、SEO施策の1種でもあります。

コンテンツSEOのメリット

現在では、多くの企業がコンテンツSEOに取り組んでいます。成功した際に大きなメリットが受けられるためです。ここでは、コンテンツSEOの具体的なメリットについて解説していきます。

コンテンツSEOのメリット
  • 会社の資産となり継続的に集客効果を発揮する
  • 潜在層にもアプローチができる
  • 自社のブランディングにつながる
  • 拡散性が高くSNSとの親和性が良い

会社の資産となり継続的に集客効果を発揮する

コンテンツは制作するたびに、サイト内に蓄積されていきます。そして、そのコンテンツは各キーワード経由での流入獲得に大きく貢献します。また、広告のように費用をかけずとも、集客チャネルとして機能するため、会社の資産として積み上がっていきます。

検索エンジンとユーザーの両者から評価されるコンテンツを制作するためには、適切な運用体制が必要であり、初めは相応の人的コストが求められます。また、外注する場合には外注費も必要です。しかし、良質なコンテンツを制作し続けることができれば、かけたコスト以上に大きなインパクトをもたらしてくれます

潜在層にもアプローチができる

コンテンツSEOは、自社であらかじめ狙ったキーワードを検索したユーザーから多くのサイト流入を獲得できる施策です。そのため、購買までは至らないものの潜在的なニーズを持つユーザーに対してアプローチができます。コンテンツを通じて、ナーチャリングを行い、最終的に購買行動へつなげることができます。

たとえば、「SEO とは」で検索しているユーザーの多くは、SEOについて学ぶ段階で、支援会社への依頼を本格検討はしていないはずです。しかし、SEOノウハウに関するコンテンツを見るうちに、自社での運用が難しいと感じ、相談先候補として自社が挙がり商談につながるといった流れも発生することもあります。

このように、潜在ニーズを抱えるユーザーと関係性の構築ができる点もコンテンツSEOの大きなメリットです。

自社のブランディングにつながる

画像のように、検索結果ではタイトルと合わせて社名とロゴが表示されます。そのため、様々な関連キーワードで上位を獲得することで、社名とロゴが多くのユーザーの目に触れることになります。

自社のビジネスと親和性の高いキーワードの多くで上位を獲得できるような状況を生み出すことができれば、ユーザーの認知拡大につながり、自社のブランドの向上が期待できます

多くのキーワードで上位表示するのは、容易なことではないですが、「〇〇(検索キーワード)といえば、△△(自社名)」のようなユーザーからの第一想起を獲得できます。

拡散性が高くSNSとの親和性が良い

現代では、ほとんどの方がコンテンツがSNSで拡散されているのを見たことあるはずです。動画や投稿など様々なコンテンツがSNS上で拡散されています。

SEOコンテンツも同様に、良質なコンテンツを作成すれば、SNS上で拡散される可能性があります。実際に、私もSEOコンテンツが拡散され、アクセス数が大幅に伸びた事例に立ち会ったがあります。さらに、拡散されることで被リンク獲得にもつながり、SEO評価の向上も期待できます

また、SNSの自社アカウントを運用している企業であれば、新規公開したコンテンツの告知を投稿することもできます。良いバズり方をするためには、良質なコンテンツを制作することが前提です。

コンテンツSEOを実施するための6ステップ

コンテンツSEOに取り組むことで、様々なメリットが得られますが、適切にステップを踏んで実施することが非常に重要です。ここでは、コンテンツSEOに取り組むうえで必要な手順を6つに分けて解説します。

コンテンツSEOの実施に必要な6ステップ
  1. ペルソナを設計する
  2. カスタマージャーニーを作成する
  3. キーワード選定を行う
  4. コンテンツの構成を作成する
  5. 執筆原稿の品質を確認する
  6. 記事のメンテナンスを定期的に行う

ペルソナを設計する

まずは、誰に対してコンテンツを届けるのかが明確になっていなければ、コンテンツを通じて伝えたいメッセージがユーザーに適切に届かなくなってしまいます。また、コンテンツ制作にはディレクターやライターなど複数人が関わるケースが多く、コンテンツを誰に届けるのかをあらかじめ決めておくことで、認識の齟齬が生まれないようにする目的もあります。

ペルソナを設計する際は主に以下の項目を設定して、ターゲットを人物像レベルにまで落とし込んでいきましょう。

ペルソナ設計に必要な項目
  • 年代
  • 性別
  • 年収
  • 職業
  • 居住地
  • 趣味
  • ユーザーのニーズや悩み

ペルソナ設計で重要なことは「定性面」の情報も項目として設けることです。ユーザーのニーズや悩みなども盛り込んでいくことで、よりユーザーに刺さるコンテンツを作成しやすくなります。

商材によっては複数のペルソナを設計すべきケースもあります。たとえば、「フィットネスジム」のコンテンツであれば、「筋トレに本格的に取り組みたい人」「ダイエット目的の人」「健康目的で運動したい人」など複数のターゲットが存在する場合は、それぞれペルソナを設計しておきましょう。その中でも、どのペルソナを優先すべきかを明確にしておくことで、コンテンツSEOの精度も上げられます。

また、ToB企業であれば、「居住地」や「趣味」は設定する必要がなく、「企業規模」や「所属部署」などをペルソナに入れるなど、ターゲットによって柔軟に項目を変えていきましょう。

カスタマージャーニーを作成する

フェーズ興味関心情報収集SEOの内製化の検討比較/検討
ユーザーの心理集客方法としてSEO対策という選択肢があることを認識しているので、理解を深めたい。具体的にSEO対策を初めてみたいと思い、何から始めるべきなのかを知りたい。外注をするか、内製をするのかで悩んでいる内製化しようと考え、どのサービスを利用しようか検討している
キーワードSEO対策とはSEO記事記事構成SEO キーワードインハウス SEO
SEO 外注
記事代行SEOツール
指名検索
CVコンテンツウェビナー
ホワイトペーパー
ウェビナー
ホワイトペーパー
サービス資料お問い合わせ
無料トライアル
コンテンツSEO記事SEO記事SEO記事
サイトトップページ
サービス概要ページ
事例ページ
機能ページ
料金ページ

次は、カスタマージャーニーを作成しましょう。作成する際は、ゴールを明確に決める必要があります。たとえば、「購買」をゴールにするのか「リピーターの獲得」をゴールにするのでは、実施すべき施策の幅も変わります。

カスタマージャーニーを作成したら、どの購買フェーズでSEOコンテンツを用いて顧客にアプローチするのが適しているのかを明らかにし、対策すべきキーワードを選定していきましょう。

また、フェーズごとにコンバージョンポイントを決めておくことで、コンテンツSEO以外で何をすべきかもわかるのでおすすめです。

キーワード選定を行う

カスタマージャーニーを作成したら、次はキーワードを選定しましょう。キーワード選定では、ユーザーの購買フェーズに対応するキーワードを選定しましょう。

キーワード選定を行う手順は以下です。

キーワード選定の手順
  1. ツールを用いて対策すべきキーワードを洗い出す
  2. 重複しているキーワードを削除する
  3. キーワードに対策する優先順位をつける

キーワードの優先順位をつける際、上位表示できる可能性があるかを必ず確認するようにしましょう。検索ボリュームが大きいキーワードほど上位表示の難易度が上がります。難易度が高いキーワードは、かなり高いSEO評価をサイト全体で得ている必要があるため、自社がコンテンツSEOに取り組む目的の達成につながりやすいキーワードから対策していきましょう。

コンテンツの構成を作成する

キーワードの選定が終わったら、コンテンツの制作に着手していきましょう。

弊社では以下の流れでコンテンツを作成しています。

コンテンツ作成の流れ
  1. コンテンツのペルソナ設計
  2. ユーザーのニーズの洗い出し
  3. ユーザー求める理想のゴールを設定
  4. コンテンツに価値を生み出すポイントを明確にする
  5. 見出し構成の作成・確認

まずは、コンテンツごとにペルソナを設計します。その際、戦略設計段階で作成したペルソナをキーワードごとに最適化したもので良いです。その後はペルソナをもとに、ユーザー「ニーズ」や「理想のゴール」を設定しましょう。

ここまでで「どういう切り口」で「どんな情報」をコンテンツにするのかイメージできていると思います。その後は、上位サイトをまとめただけのコンテンツにならないように、自社ならでは付加価値をどの部分に持たせるかを決めましょう。

その後は、あらかじめ設定したコンテンツの方向性や差別化ポイントに沿って見出し構成を作成します。ライティングを外注する場合は、ライターと認識がずれないように、各見出しにどんな内容を書きたいのか詳細を記載すると良いです。

あわせて読みたい
記事構成案の作成方法を解説!SEO効果を上げるための分析方法 本記事でわかること SEOに強い記事構成案の作り方記事構成を作成する具体例記事構成を作成する際に意識するべきポイント メディアを運営するにあたって、たくさん記事を...

構成のチェックポイント

コンテンツの構成作成が完了したら、必ず確認するようにしましょう。弊社では、以下の項目を確認しています。

コンテンツの品質チェック項目
  • ユーザーニーズに抜け漏れがないか
  • タイトルと見出しがマッチしているか
  • 見出し構成にストーリー性が伴っているか
  • 競合にはない価値が発揮できているか

コンテンツの品質を担保するうえで、「検索意図が満たせるコンテンツになっているか」だけでなく、「読みやすい・理解しやすい構成になっているか」もかなり重要です

どんなに良い情報を発信していても、ユーザーに理解してもらえなければ意味がありません。有益かつ、わかりやすいコンテンツ構成になっているかを確認しましょう。構成を確認し、問題がなければ執筆に着手する方が、後戻りが少なく効率よくコンテンツを作成できます。

執筆原稿の品質を確認する

執筆が終わった後も、必ず品質は確認するようにしましょう。

原稿の確認ポイント
  • 見出しに沿った本文になっているか
  • イメージ通りの情報量があるか
  • 誤字脱字がないか
  • わかりにくい表現・文章になっていないか
  • 情報源は公的機関や上場企業のものか

いくら見出し構成が良くても、本文がズレていたり、情報量が薄かったりすると、良いコンテンツとは言えません。また、文章的なミスや情報の信頼性に欠ける場合も同様です。

ユーザーは情報を求めて、コンテンツに流入します。しかし、コンテンツ内のの情報源が信頼できなさそうだったり、内容が薄かったりするとユーザーニーズは満たせません。有益なコンテンツを提供するためにも、品質担保を怠らず行いましょう。

記事のメンテナンスを定期的に行う

コンテンツは、作って終わりではありません。定期的に改善や更新を行う必要があります。良質なSEOコンテンツを公開しても必ず上位表示できるとは限りません。検索順位が日々変動しており、定期的にモニタリングしなければ、コンテンツが検索エンジンからどのくらい評価されているのかわかりません。検索順位だけでなくアクセス数、クリック率、コンバージョン率などをモニタリングしながら成果の向上に向けてリライトをおこなうことで、コンテンツSEOの成果を最大化できます。

また、SEOでは情報が最新に保たれていることも重要です。ユーザーにとって昔の情報よりも新しい情報の方が価値が高いためです。仮に1位を獲れていたとしても情報が古いままでは、ユーザーニーズは満たせているとは評価されず、いつか順位が下落することになります。安定的に成果を出すためにもコンテンツのメンテナンスは欠かさず行ましょう。

コンテンツSEOを実施するのに必要な体制

コンテンツSEOには、ディレクター、ライター、施策実行係が必要です。以下は、それぞれの主な役割です。

社内のSEOコンテンツ制作体制
  • コンテンツディレクター:キーワード選定やコンテンツ制作の進行管理、品質担保(編集・校閲)を行う
  • 施策実行係:自社コンテンツのリライト・施策の考案〜実装を行う
  • ライター:構成に沿ってライティングを行う

まず、新規記事制作を担うディレクターが必要です。スケジュール通りにコンテンツを制作し、品質担保も行います。SEOでは定期的にコンテンツを公開し、クローラーの巡回を促すことも重要です。頻繁にクロールされサイトが最新であることを検索エンジンに伝えられます。継続的にコンテンツを制作し続けるためにも、コンテンツディレクターは必須の人材です。

また、施策実行係も重要な役割を果たします。前述した通り、コンテンツは出して終わりにしてはいけません。常に改善していく必要があります。しかし、ディレクターが改善も担うのはリソース的に難しいでしょう。そのため、役割を分担しコンテンツの改善施策の考案〜実装、リライトを行う部隊がいなければスムーズにメディア運用するためには必要です。

ライターは、可能であれば、自社のビジネスに理解のある人材をアサインしましょう。構成案をもとに、コンテンツの原稿を作成します。月の制作本数によって、アサインする人数などは柔軟に変更しましょう。

コンテンツSEOを実施するには、大まかに上記の3つの役割が必要です。社内で体制構築できない場合は、支援会社に外注しましょう。外注費用はかかりますが、適切な体制下で実施する方が、当然成果が出やすいです。外注しながら知見を蓄え、徐々にインハウス化しても良いです。少ない本数しか作成できず、公開したコンテンツも放置されている状態では成果は出ません。まずは、体制を整えてから実施するようにしてください

コンテンツSEOを実施する前に知っておくべきこと

コンテンツSEOは実施すれば効果が出るものではありません。適切な戦略設計の元、適切な運用を行なっていく必要があります。ここでは、コンテンツSEO実施時の注意点を解説します。

コンテンツSEOを実施する前に知っておくべきこと4つ
  • 適切なKPIを設計する
  • 成果が出始めるまでに時間が必要
  • ビッグキーワードに固執しない
  • YMYL領域はかなりの運用コストがかかる

適切なKPIを設計する

コンテンツSEOに取り組む目的から逆算して適切なKPIを設定することが重要です。たとえば、「集客」を目的にしているのに、「セッション数」をKPIに置くのは適切ではありません。ページに流入してもコンバージョンに至るとは限らないためです。この場合「コンバージョン数」をKPIに設計すべきです。このように、コンテンツSEOも事業の目標達成のための1つのマーケティング施策でしかありません。目標達成に直結する指標を優先してKPIに設定することで優先すべきキーワードや施策が明確になります。

成果が出始めるまでに時間が必要

コンテンツSEOに効果の即効性はありません。SEOにはドメインパワーという要素も関連するためです。ドメインパワーとは、サイト全体の評価を表したもので、評価が高いほど高順位が狙いやすいです。ドメインパワーを上げるためには、サイト全体のテーマ性や専門性、被リンクの本数などが重要です。高品質なコンテンツを量産していくことで、テーマ性や専門性の向上だけでなく、外部サイトから紹介され被リンクも獲得しやすくなります。しかし、一気に評価を急上昇させることはできません。そのため、良質なコンテンツを通じて、地道にサイトへプラス評価を積み重ねていく必要があります。初めは成果が出づらく、不安に思うかもしれませんが、投資だと思って少しづつサイトの評価を上げていくことが大切です。

ビッグキーワードに固執しない

コンテンツSEOを実施するにあたり、いきなり検索ボリュームの大きなキーワードを狙うのはリスキーです。ビッグキーワードは上位を獲得できた際のインパクトは大きいですが、その分競合性がかなり高いです。また、ドメイン全体の評価も加味した上で、ランキングされる傾向があるので、高いサイト評価がないと上位表示がかなり難しいです。一方で、検索ボリュームの小さいキーワードは、コンテンツ単体の品質で評価される傾向があります。そのため、サイト評価が低いうちは、検索ボリュームの小さいキーワードで、アクセスやコンバージョンを獲得しつつ、サイト評価が育ってきたらビッグキーワードに挑戦すると良いです。

YMYL領域はかなりの運用コストがかかる

YMYLと呼ばれる、健康やお金など人の命や生活に関するトピックを扱う領域は、かなりの運用コストがかかることを覚えておきましょう。検索上位に、嘘や悪質な情報が載ったサイトが表示されていると、人の人生に関わる大きな問題を引き起こす可能性があるため、検索エンジン側も評価基準を高く設定しています。また、日々順位も変動しています。

そのため、専門家に監修してもらうなど、コンテンツの質もかなり高くする必要があるだけでなく、順位のモニタリングも必要です。安定的に成果を出し続けるためには、かなりの人的リソースやSEO知識が求められます。YMYL領域でコンテンツSEOを実施するか考えている方は、まず社内で運用できる体制を整えられるかを確認しましょう。難しそうであれば専門家への外注も検討しましょう。

良質なSEOコンテンツ制作のポイント

ここまで説明したように、コンテンツSEOは、高品質なコンテンツを制作しなければ効果を最大限受けられません。そこで、ここでは良質なコンテンツ制作のポイント4つを紹介します。

高品質コンテンツを制作するポイント
  • ユーザーニーズは縦に深ぼる
  • タイトルの最適化
  • 見出しの親子関係を意識する
  • 独自性を盛り込んだコンテンツにする

ユーザーニーズは縦に深ぼる

コンテンツを制作する際は、ニーズを縦に深ぼるようにしましょう。トピックを広げて、網羅的に情報を拾うコンテンツを作成すると、ユーザーによっては不要な見出しや情報が混ざってしまいます。「SEO」のように1語のキーワードの場合は、検索意図が広く網羅的なコンテンツにしても良いでしょう。しかし、「SEO キーワード選定」のように2語以上あるキーワードは、関連するニーズを縦に深掘って見出しに取り入れるようにしましょう。特定のトピックに対して深く触れることで、ユーザーのエンゲージメントを促せます。

独自性を盛り込んだコンテンツにする

現在のSEOでは、コンテンツの質の重要度が増しています。競合サイトをまとめたようなコンテンツでは、ユーザーにとって有益なコンテンツと評価されにくく、上位を獲得できなくなってきています。AI生成ツールの普及などに伴い、コンテンツ作成の難易度が下がったことが原因の1つだと考えられます

そのため、独自性のあるコンテンツを作成しなければ、コンテンツSEOの成果を最大化できません。以下に、独自性を出す手法例をまとめています。

コンテンツに独自性を持たせる方法例
  • 深い専門知識に基づいた構成にする
  • 図や表を用いてわかりやすく内容を表現する
  • 自社調査を活用するなど情報源の差別化を行う
  • 競合とは異なる切り口の構成にする

このような手法を用いて、ユーザーに有益なコンテンツを届けることが大切です。

タイトルの最適化

タイトルの最適化も非常に重要です。コンテンツの内容がわかりやすいだけでなく、思わずクリックしたくなるようなタイトルを心がけましょう。タイトルを付ける際、どのようなユーザーに向けたコンテンツなのかを定義することが大切です

「ユーザーはどんな悩みを抱えているのか」「ユーザーにどのような価値を与えられるのか」を検討しましょう。ユーザーのニーズを満たせるようなコンテンツであることが伝わるようなタイトルが良いです。

下記の例を見てみましょう。

良いタイトルの例

  • SEOに必要な記事数は?サイト全体の評価が向上する実践的思考法2つ

悪いタイトルの例

  • SEOに必要な記事数とは?検索順位との関係性や注意点を解説

良い例では、記事を読むと何を知れて、何が実現できるのかが分かるようなタイトルになっています。悪い例では、何を知れるのかはわかるが、コンテンツを読んで何ができるようになるのかが想像つきません。

このように、タイトルにもこだわり、多くのユーザーにクリックされるようにしましょう。

見出しの親子関係を意識する

コンテンツを作成する際は、見出しの親子関係も意識しましょう。SEO評価に直結するわけではありませんが、hタグの親子関係が適切でないと、かなり読みづらいコンテンツになってしまいます。下記の2つの例を見てみると分かりやすいです。

良い見出し構成例

h2:SEOでは良質なコンテンツが評価される

 h3:ユーザーのニーズを応えたコンテンツ

 h3:独自性の高いコンテンツ

悪い見出し構成例

h2:SEO評価される記事とは?

 h3:良質なコンテンツとは?

 h3:評価されにくいコンテンツとは?

良い例は、hタグが適切に利用されており、見出しを見た際に大まかな内容は想像できるような構成となっています。一方で、悪い例の方は、hタグが適切に使われていないため、h2とh3の関連性が想像しづらく読みづらい印象を与えてしまいます。いくら内容が良くても、見出し構成が乱れていると、ユーザーにとって良質とは言えません。そのため、hタグは適切に利用し、見出しの階層構造を整えるようにしましょう。

あわせて読みたい
SEOに強い見出しの書き方とは? 成果につながるhタグの使い方 検索エンジンでの上位表示を狙って、日々記事の作成、ディレクションしている方々はさまざまなお悩みをお持ちかと思います。とくに、「記事を書いたけど順位が上がらな...

<無料>資料ダウンロード
SEO支援総合サービス
分析から戦略、施策の実行までマルっとご対応!

SEOコンテンツを作成するうえでの注意点

続いて、コンテンツを作成する際に、注意すべきポイントを解説します。知っておかないとマイナス評価を受けてしまうので、必ず意識するようにしましょう。

コンテンツ作成時の注意点
  • カニバリに気をつける
  • 重複コンテンツに気をつける
  • 低品質コンテンツを量産しない

カニバリに気をつける

カニバリとは、複数のページが同一のキーワードで競合している状態のことです。具体的には、以下の事象のことを指します。

  • 検索結果内で複数の自社ページが表示されている状態
  • 検索するタイミングによって表出するページが変わる

カニバリは、検索結果や検索意図が類似しているキーワードを狙っている場合に起こることが多いです。SEO評価の分散やコンバージョンの機会損失などマイナスな影響を及ぼす可能性があります。そのため、カニバリが起きないように作成済みのコンテンツや検索結果の類似率を確認しながらコンテンツを作成しましょう。また、カニバリが起きているのを発見した場合は、ページ削除やページのチューニングなどを行い解消すべきです。

重複コンテンツに気をつける

重複コンテンツとは、複数のページが同じ情報を持っている状態のことを指します。たとえば、複数のページで同じ文章が載っている状態やほぼ同じ構成で1部分のみ異なっている場合などに発生します。重複コンテンツとして認識されると、検索エンジンはどっちのページを表示すべきか判断が難しくなってしまいます。その結果、検索順位の下落やSEO評価の分散、ユーザー体験の悪化につながります

競合サイトのコピペなど悪質な場合は、ペナルティを受けることもあります。そのため、作成したコンテンツとキーワードを管理し、類似率の高い構成を作成しないように気を付けましょう。

低品質コンテンツを量産しない

低品質コンテンツを量産していると、SEO評価が大幅にマイナスされてしまいます。何十記事もある中の数記事くらいであれば、問題ありません。しかし、日常から低品質コンテンツを作成していると検索エンジンから有益性の低いサイトと判断されてしまいます。とくに、AI生成ツールを利用してコンテンツの大量執筆したり、競合をまとめただけの記事を量産している場合は注意です。

低品質コンテンツは、Google Search Consoleで確認できます。「ページ」から「クロール済み:インデックス未登録」に分類されているコンテンツは低品質だと評価された可能性があります。コンテンツを見直しリライトしましょう。

質にこだわり低品質コンテンツを生み出さない運用体制を構築することも重要です。

コンテンツSEOだけでなくテクニカルSEOも重要

SEOで成果を出すために、コンテンツSEOは非常に重要な役割を果たします。しかし、コンテンツSEOだけでは不十分です。テクニカルSEOも同時に施し、SEO評価やユーザー行動を改善していく必要があります。テクニカルSEOでは主にクローラビリティとUXの最適化を行います。以下は、テクニカルSEOの具体的施策です。

テクニカルSEOの施策例
  • 内部リンクの最適化
  • robots.txtによるクロール制御
  • sitemap.xmlの作成・送信
  • モバイル対応
  • ページ表示速度の改善
  • サイト階層の最適化

クローラビリティ改善することで、クローラーが取得できる情報量が増えます。そのため、仮に同じレベルの競合がいた場合、クローラビリティの高い方が上位表示されやすいです。また、クローラーは人間の目と同じような動きでページを読み取ります。つまり、クロールしやすいページに改善することでユーザー体験の改善にもつながります。ユーザーをページ遷移やコンバージョンに促しやすくなり、エンゲージメント率も向上します。

また、SEOにはリンクジュースという概念が存在します。ページに溜まっているSEO評価のようなもので、内部リンクを繋ぐことでリンクジュースの受け渡しが可能となります。重要なコンテンツに内部リンクが集まるように設置することで、検索順位の上昇が期待できます。

このように、テクニカルSEOを適切に実施することで、離脱の原因となるサイトの穴を埋められます。そうすることで、成果につながるユーザーを可能な限り取りこぼさずにメディア運用を行うことが可能になります

まとめ

コンテンツSEOは、SEOにおいて大きな役割を果たします。また、コンテンツSEOにおいて最も重要なことは、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することです。適切なプロセス、体制で実施していくことで、会社の資産として安定的に集客効果をもたらします。自社の目的にあった戦略や戦術を設計し、地道に取り組んでいくことで、将来的に費用対効果の良い主客チャネルとなるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。