SEOに文字数は関係ない|ユーザーが満足する情報量の考え方を解説

この記事でわかること
  • SEOと文字数の関係
  • SEOに適切な文字数の考え方
  • タイトルやディスクリプションに最適な文字数

SEOコンテンツを作成する中で、「文字数はどのくらいにすべきなのか」といった疑問を持った方もいることでしょう。SEOにおいて、文字数を気にすべき部分はほんの一部です。大部分では文字数を気にする必要はありません。

そこで本記事では「SEOと文字数」をテーマに、「コンテンツに必要な文字数の考え方」や「タイトル・ディスクリプションに最適な文字数」を解説します。文字数について疑問を解消したい方はぜひ参考にしてください。

無料ウェビナーのご案内

対象ユーザー

  • オウンドメディアの立ち上げを考えている方
  • オウンドメディアの成果が伸び悩んでいる方
  • 企業のSEO・オウンドメディア担当の方

日時

4/25(木)13時〜14時(途中参加もOKです)

無料のメールマガジン登録

SEOやWebマーケティングに関するお役立ち情報を、毎週配信しております。
弊社の経験をもとに作成している優良情報を公開いたします。

  • 週に1回SEOに関するお役立ち記事の配信
  • 毎週実施しているウェビナーの最新情報を受け取れる
  • 毎週公開しているSEO対策に関するお役立ち資料の最新情報が届く
目次

文字数と検索順位は関係ない

検索順位と文字数は関係ありません。Googleアルゴリズムはコンテンツの質を文字数で評価していないためです。また、Googleのジョン・ミューラー氏も「コンテンツの質と文字数は関係ない」と明言しています。

そのため、文字数ではなく、ユーザーの検索意図を重要視してコンテンツを作成していくべきです。ユーザーの知りたい情報を知りたい深さで届けられる文章量がSEOにおいて適切な文字数とも言えます。

参考:Google Says Word Count Not a Quality Factor|SearchEngineJournal

最適な文字数を考える3つの基準

SEOではユーザーの検索意図に沿ってコンテンツを作成するのが最も重要です。そのため、キーワードによって適切な文字数は変化します。では、どのようにして最適な文章量を判断すべきでしょうか。そこで、ここでは最適な文字数を判断する考え方を3つ紹介します。

最適な文字数を考える3つの基準
  • 検索意図を満たせる情報量が担保されているか
  • タイトルは30文字程度に収まっているか
  • ディスクリプションは100文字以内が目安

検索意図を満たせる情報量が担保されているか

有益なコンテンツを作成するにはユーザーが「知りたい情報」を「求める深さ」で提供する必要があります。具体的に何文字書けば良いというような目安はありませんが、ユーザーが悩みを解消できるのに十分な情報を入れ込む必要があります。
文字数の多い記事が上位表示しているイメージがある方もいると思いますが、ユーザーが「知りたい」ことを網羅的に掘り下げて示せているため有益なコンテンツであると評価されているわけです

ただ、キーワードによってユーザーが必要な情報量は変わるので、とにかく情報量が多ければ良いわけではありません。そのため、ユーザーが満足できるのに適切な情報量と深さが備わっているのかを見極めていく必要があります。

タイトルは30文字程度に収まっているか

コンテンツのタイトルは30文字程度にするのが、好ましいです。文字数の制限や身近過ぎてもペナルティが課されることはありません。しかし、タイトルはクリック率に大きく影響するため最適化された状態であるべきです。タイトルが長い場合、以下の画像のように、30~40文字程度しか表示されません。

そのため、30文字程度でコンテンツの概要を伝えつつ、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを設定すべきです。弊社のオウンドメディアでも、タイトルの最適化を行うことで検索順位は同じなもののクリック数が約4倍に増加した事例があります。

タイトルが長く見切れてしまいコンテンツの概要を伝えきれてないままでは、本来流入するはずのユーザーも取りこぼしてしまいます。そのため、30文字程度で魅力的なタイトルを作成しましょう。

ディスクリプションは100文字以内が目安

ディスクリプションも長いと上記の画像のように省略されてしまいます。そのため、100文字以内で作成するのが好ましいです。ディスクリプションもコンテンツの概要を表記する役割を持ちます。タイトルの30文字程度でコンテンツの内容を要約しきるのは難しいです。

そのため、ディスクリプションを作成してタイトルには入れられなかった情報も補足していきましょう。適切に設定することで、クリック率の向上が見込めます。最近は、80文字程度と少し短めに表示されている傾向もあるので、100文字よりも少し短く作成してみても良いかもしれません。

<無料>資料ダウンロード
SEO支援総合サービス
分析から戦略、施策の実行までマルっとご対応!

検索意図に合った文字数の考え方

SEOで評価されるには検索意図に合ったコンテンツが重要です。そして、検索意図を満たせるコンテンツとは、ユーザーの「知りたい情報」を「求める深さ」で触れられているのが前提条件だと考えています。そのうえで、エンゲージメントを促す導線設計をするべきです。しかし、検索意図に合った情報量や文字数の目安は、どのように見極めればよいでしょうか。ここでは、検索意図に合致する情報量の考え方を解説します。

検索意図を満たす構成・本文の考え方
  • ペルソナはコンテンツごとに設計する
  • ユーザーのニーズは縦に深ぼる

ペルソナはコンテンツごとに設計する

コンテンツごとにペルソナを設計することで、ユーザーの知識レベルやニーズの解像度を高められます。コンテンツ作成において定量情報(職業や年齢など)だけでなく定性情報(悩みやニーズ)も含めて、内容を検討することで、ユーザーが求める情報が明確になりやすいです。ペルソナは作りこむ必要はありません。ユーザーが「どんな状態」で「どんな悩み」を抱えているのかが分かれば、簡易的なものでも構いません。

以下の2つは、キーワードと簡易ペルソナの例です。

「SEO とは」
SEOに取り組もうと考えているが、そもそもSEOとは何か分かっておらず知りたいマーケ担当者

「SEO 記事数」
SEOに取り組もうと考えているが、どの程度コンテンツ作成すべきか知りたいマーケ担当者

同じ「SEO」に関するキーワードでも、SEOに対する知識レベルは異なることが想像できます。この場合、「SEO 記事数」では、SEOについてある程度の前提知識があると仮定して、見出し構成やライティングを行うべきだと判断できます。

ユーザーの知識レベルを見誤り、構成を作成してしまうと、不要な情報が混ざってしまったり、ユーザーを置いてけぼりしてしまったりして離脱の原因になります。そのため、コンテンツレベルでペルソナを設計することをおすすめします。

定量と定性を意識しニーズを縦に深掘る

ユーザーニーズを縦に深ぼることで、エンゲージメントを促しやすい情報量を備えたコンテンツを作成できます。その際、以下の3つが大切です。

ユーザーニーズを縦に掘り下げる3つのコツ
  • トピックに関する自身の知識量を増やす
  • サジェストや関連キーワードを確認する
  • Q&AサイトやSNSの投稿をヒントにする

まず、自分自身の知識が不足していると、見出しレベルで情報が浅くなる可能性が高いです。情報を提供する側が、知識不足の状態では、「ユーザーの悩み」に対して「適切な情報量」を提供できません。たとえば、SEOに関するコンテンツを作成するうえで、知識がない人間が作成するとニーザーを掘り下げる深さは浅くなりがちです。そのため、ユーザーは既に知っている情報しか得られないコンテンツになってしまいます。このように、知識があるからこそ「どのくらいの深さ」の情報を求めているのかをより正確に把握し、届けることができるようになります

また、サジェストや関連キーワードも最低限の網羅すべきニーズを把握するのに役立ちます。キーワードに関連してユーザーはどんなニーズを持っているのか定量的に確認できます。検索ボリュームの大きいサジェストは入れるべきですし、小さいサジェストもユーザーにとって有益なら入れるべきです。しかし、ユーザーニーズは定量情報だけでは判断できないので、定性情報も考慮すべきことは忘れないでください。

さらに、Q&AやSNSの投稿も大きなヒントになることがあります。これらは、ユーザーの悩みや本音を定性的に確認できます。ユーザー視点でのニーズが見つかるかもしれません。実際にキーワードを検索したことのあるユーザーにインタビューするのが理想ですが、難しいケースもあります。その際に、Q&AやSNSの投稿もユーザーの声に触れられる情報源になり得るのです。

SEOコンテンツは文字数ではなく適切な情報量を含めることが大事

SEOコンテンツを作成するうえで、意識すべきことは文字数ではなく情報の深さです。ユーザーがどのような情報をどのレベルまで求めているのかを定量や定性情報を基に深堀りましょう。情報量が多すぎてもユーザーを置き去りにしてしまいますし、少なすぎてもニーズを満たしてもらえるコンテンツにはなりません

また、良質なコンテンツだということをユーザーに伝えるためにもタイトルやディスクリプションの文字数は最適化しましょう。長すぎると略されてしまいますし、短すぎると内容が伝わりません。そのため、タイトルは30文字程度、ディスクリプションは100文字程度で設定しましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。