【3分で解説】WebPはSEOに効果がある?画像フォーマットの変換方法も解説!

この記事で分かること
  • WebPとは何か
  • WebPのSEO効果
  • WebP形式の画像の利用方法

現在では、JPEGやGIF、PNGといった画像形式が広く普及していますが、次世代画像フォーマットとしてWebPも普及し始めています。従来の画像形式と比べて高い性能を有しており、SEOにも良いとされています。

そこで、本記事では「WebP」をテーマに、SEOへの効果や導入方法を解説します。画像形式の変更を考えている方はぜひ参考にしてください。

無料ウェビナーのご案内

対象ユーザー

  • オウンドメディアを運用しているがCVにつながらず悩んでいる
  • オウンドメディア経由の売上を伸ばしたい方
  • 企業のSEO担当の方

日時

1回目(ライブ配信):2024年05月23日(木)13時~14時
見逃し配信(オンデマンド):2024年05月24日(金)13時~14時

自社サイトの現状を把握できていますか?


SEOに取り組んでいるものの、「なぜ伸びないのか」「これから何をしたら良いのか」が分からず困っていませんか。

  • 検索順位が上がらない・下がってきた
  • セッションはあるけどなかなかCVしない
  • これからSEO対策に取り組むべきか知りたい

このようなお悩みを抱えている方を対象に、デジタリフトでは1時間のコンサルティングを無料で実施させていただきます。

もし、サイトが伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

目次

WebPとは次世代の画像フォーマットのこと

WebPは、Googleによって2010年に開発されました。圧縮率が高く、画質の劣化がほぼないのが特徴の画像フォーマットです。そのため、ファイルの削減やサーバー負荷が軽減でき、サイトの軽量化を目的に使用されることが多いです。

また、背景の透過やアニメーションにも対応しているため、幅広い用途での使用ができます。現在では、ほとんどのブラウザに対応しており、少しずつ普及してきています。

参考:“webp” | Can I use… Support tables for HTML5, CSS3, etc

WebPはSEOに間接的に良い影響をもたらす

WebPに変更すると大きく2つのメリットがあります。

WebPを利用するSEO的メリット
  • SEO評価が向上する
  • ユーザー行動が改善する

SEO評価が向上する

WebPを利用することで、サイトの読み込み速度を改善できます。Googleは、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することが検索順位の向上につながると言っています。つまり、WebPを利用しページ速度を改善することで間接的にSEO評価にも良い影響があるわけです

実際に読み込みの遅さを体験できる場合は、画像形式をWebP変更して少しでも読み込み容量を削減できるようにしましょう。

参考:ページ エクスペリエンスの Google 検索結果への影響について|Google検索セントラル

ユーザー行動が改善する

ページ速度が速くなることで、ユーザーの直帰率・離脱率、CVRの改善も期待できます。Googleの調査では、ページの読み込み時間が1秒から3秒に延びると直帰率が32%増加、5秒だと90%、6秒で106%、10秒まで延びると123%増加すると結論が出ています。

引用元:https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

つまり、画像形式の変更をするだけで、ユーザー行動も改善するのでやってみて損はないです。

自社サイトの現状を把握できていますか?


SEOに取り組んでいるものの、「なぜ伸びないのか」「これから何をしたら良いのか」が分からず困っていませんか。

  • 検索順位が上がらない・下がってきた
  • セッションはあるけどなかなかCVしない
  • これからSEO対策に取り組むべきか知りたい

このようなお悩みを抱えている方を対象に、デジタリフトでは1時間のコンサルティングを無料で実施させていただきます。

もし、サイトが伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

WebPに変換するおすすめの方法

画像でWebPで保存したい際は、大きく2つの方法がおすすめです。下記の2つで大体の画像はWebPで利用できます。

WebP画像を使用できる2つの方法
  • 変換ツールを利用する
  • Googleの拡張機能を使用する

変換ツールを利用する

無料の変換ツールを使用して、既存の画像を簡単にWebP形式に変換できます。

おすすめ変換ツール4選

直観的に操作可能なので誰でも簡単に利用できます。実際にいくつか使用してみて一番使いやすかったものを選ぶと良いでしょう。

Googleの拡張機能を使用する

Save image as type」を使用することで、簡単にWebP形式で画像を保存できます。「画像をJPG/PNG/WebPとして保存」から、「WebPとして保存」をクリックすることでWebPで保存できます。

WebP画像を使用する際のタグ記述方法

WebP画像を利用する際は、下記のようなコードを利用します。

<picture>
<source type=”image/webp” srcset=”./images/sample.webp”/>
<img class=”img-responsive” src=”./images/sample.jpg” alt=”WebPの画像”>
</picture>

その際、Bingとインターネットエクスプローラーは非対応な点は考慮する必要があります。上記のコードでは、WebP形式で表示できなかった場合に、JPEG形式の画像を表示するように記述しています。

まとめ

WebPは、従来の画像形式と比較して、高い圧縮効率と品質を有するフォーマットです。画質を落とさず圧縮できるため、データサイズの容量化が可能です。

画像読み込みに必要な容量の削減ができ、ページの読み込み速度の改善にもつながります。SEOにおいて重要なユーザー体験を改善する事にもなりSEO評価の改善や離脱率、コンバージョン率の改善が期待できます。

しかし、まだ対応していないブラウザもあるので、WebPが表示できない場合はJPEGやPNGなどの画像が表示されるように実装しておきましょう。

自社サイトの課題と対策を明確にしませんか?

デジタリフトでは、「自社サイトの課題と対策を特定する」ワークショップを実施しております。ワークショップを実施することで、「なぜ成果が出ないのか」「これから何をすればいいのか」が明確になるので、今後のサイト運用に大いに役立てることができます。まずは、現状のお悩みからお聞かせください!

■対象の方

  • これからSEO対策を始めたいけど何から始めればいいのかがわからない、、、
  • 現状SEO対策に取り組んでいるが、検索順位が上がらず、原因と対策方法がわからない、、、
  • SEO対策で集客できるようになったが、コンバージョンしない、、、

■アウトプット例

■お申し込みフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。