SEOにベストな更新頻度はどのくらい?成果向上に導く2つの考え方

この記事で分かること
  • SEOと更新頻度の関係性
  • 適切な更新頻度の目安の考え方
  • 更新頻度を高めるメリット

SEOに取り組んでいるが「どのくらいの頻度で記事を公開すべきか」「どのくらいのスパンでリライトをすべきなのか」などの疑問を抱える方も少なくないでしょう。更新頻度そのものが検索順位に関わることはありません。しかし、更新頻度を高めることで検索エンジンから評価を受けやすくなり、結果的に順位が向上する可能性があります。

本記事では、「SEOと更新頻度」に焦点を当て、更新頻度の考え方や更新頻度の高めるメリットなどを解説します。SEOに取り組むうえで、重要な要素となるのでぜひ参考にしてください。

無料ウェビナーのご案内

対象ユーザー

  • オウンドメディアを運用しているがCVにつながらず悩んでいる
  • オウンドメディア経由の売上を伸ばしたい方
  • 企業のSEO担当の方

日時

1回目(ライブ配信):2024年05月23日(木)13時~14時
見逃し配信(オンデマンド):2024年05月24日(金)13時~14時

自社サイトの現状を把握できていますか?


SEOに取り組んでいるものの、「なぜ伸びないのか」「これから何をしたら良いのか」が分からず困っていませんか。

  • 検索順位が上がらない・下がってきた
  • セッションはあるけどなかなかCVしない
  • これからSEO対策に取り組むべきか知りたい

このようなお悩みを抱えている方を対象に、デジタリフトでは1時間のコンサルティングを無料で実施させていただきます。

もし、サイトが伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

目次

SEOと更新頻度は直接的には関係ない

更新頻度を上げても、検索順位が上がるわけではありません。もちろん更新ペースが遅い場合は、クローラーの巡回頻度も下がりSEOで成果が出にくい状況に陥ってしまいます。

つまり、更新頻度が高いからと言って検索結果の上位を取れることはありません。しかし、詳しくは後述しますが、有益なコンテンツの要素として更新頻度が間接的に検索順位に影響する場合もあることは知っておくべきです。

重要なことは更新頻度よりコンテンツの質を上げること

SEO評価において最も重要なことはコンテンツの質です。いくら更新頻度が高くても品質の低いコンテンツを公開していては上位表示は出来ません。むしろ、サイト全体の評価を下げる要因となります。逆に、更新頻度が高くなくても質の高いコンテンツだと判断されれば、上位表示されます。そのため、コンテンツの質を担保できる頻度で更新する方が良いでしょう。

実際に弊社のオウンドメディアも週に1~2本ほどの新規コンテンツを更新するくらいの頻度ではありますが、上位表示を獲得できています。

情報のフレッシュネスはSEOと関連性が高い

コンテンツの品質を担保するうえで、更新頻度が深く関係する場合があります。とくに、トレンドやニュースなど時事性を求められるジャンルでは、最新情報を届けられなければ、メディアが提供できる価値は下がってしまいます。

たとえば、「トレンドファッション」についての記事であれば、時がたつごとに内容をアップデートしていく必要がありますし、「ニュースサイト」であれば毎日最新のニュースを届けなければ提供できる価値は低くなります。

最新の情報に更新できる場合は、更新したほうがユーザーにとって有益なコンテンツと判断され、検索エンジンからの評価も高まります。

自社サイトの現状を把握できていますか?


SEOに取り組んでいるものの、「なぜ伸びないのか」「これから何をしたら良いのか」が分からず困っていませんか。

  • 検索順位が上がらない・下がってきた
  • セッションはあるけどなかなかCVしない
  • これからSEO対策に取り組むべきか知りたい

このようなお悩みを抱えている方を対象に、デジタリフトでは1時間のコンサルティングを無料で実施させていただきます。

もし、サイトが伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

適切な更新頻度の考え方

SEOにおいてコンテンツの質の方が非常に重要と言いましたが、更新頻度も重要であることには変わりありません。しかし、「〇日に1回」のような目安は存在せず、メディアによってバラバラです。そこで、更新頻度の考え方を以下の2つに分けて解説します。

メディアの更新頻度の考え方
  • 新規コンテンツの公開頻度は必要な記事数から逆算する
  • リライトは新規公開から3か月に1回目のリライトをする

新規コンテンツの公開頻度は必要な記事数から逆算する

上位表示を獲得するために必要な記事数から逆算することで新規コンテンツの公開頻度は大まかに算出できます。コンテンツSEOでは、サイト全体のテーマ性や専門性も重要な要素であり、それらを担保するだけのコンテンツ数も必要です。

そのため、「いつまでに」「何本」制作すべきなのかを明確にしましょう。その際、以下の2つの手法が便利です。

  • 上位競合のコンテンツ数を参考にする
  • 獲得したいキーワードの数を基準にする

上位競合の大まかなコンテンツ数は「site:競合URL」を検索窓に打ち込むことで、検索結果の左上に表示されます。

獲得したいキーワード数に関しては、軸となるキーワードを「Ahrefs」や「ラッコキーワード」といったツールで関連語を洗い出せます。洗い出したキーワードを基にキーワード選定を行います。

上記の様に調査を行った結果、1年で100記事必要だとします。そうなると、月に8~9本公開すべきだと大まかな頻度を確認できます。このように、新規コンテンツの公開頻度は、成果を出すための必要記事数から逆算できます。

競合調査やキーワード選定に関しては以下の記事に詳しくまとめているので、良かったら読んでみてください。

リライトは新規公開から3か月に1回目のリライトをする

リライトの場合は新規公開から3か月後を目安にリライトをするか判断しましょう。SEOでは正しくランキングされるまでに3か月ほどかかる場合があります。そのため、様子見をする期間を設ける必要があります。新規公開後、様子見をした後にリライトをすべきコンテンツをリライトにかけていきましょう。

リライトすべきコンテンツの例
  • 順位が大幅下落した
  • 低品質コンテンツと判断されている
  • 検索順位を向上させたい など

リライト後は1週間~1ヶ月ほどで効果が出ることが多いので、1ヶ月ほど効果検証をした後に再リライトを行うべきかは判断しましょう。

更新頻度を高めるメリット

SEOにおいて更新頻度も重要な要素だと述べましたが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。更新頻度を早めるメリット3つを解説します。

クロール頻度の増加が見込める

クローラーは新しい情報を読み取ることで、ユーザーに常に最適な検索体験を提供できるように動いています。そのため、更新頻度の高いサイトの方が早くクロールされやすい傾向があります。

定期的にコンテンツを更新することで、クロールの優先度が高まり、検索順位へ反映されるまでの期間が短くなる可能性があります。PDCAをより速く回せるようになるので、成果が出始めるまでのリードタイムも短縮できます。

CTRの向上が期待できる

ユーザーは最新の情報を好みます。そのため、タイトルやタイムスタンプを更新することでCTRの向上が期待できます。

たとえ検索1位であっても「2023年最新版」のような文言が入ってしまっているとクリックされない原因となってしまいます。また、以下の画像の赤線部分のようなタイムスタンプも更新しておくと、鮮度の高い情報が手に入りそうだとユーザーに良い印象を与えられます。

更新するだけではなく、最新の情報を提供していることをユーザーに示し、理解してもらうことも重要です。

ユーザーに届ける情報の質が向上する

最新の情報に更新することで、コンテンツの提供価値を高められます。内容が古いままでは、ユーザー体験も良くなく、離脱の原因となります。そもそも、良質なコンテンツとは言い難く、検索順位が下落する原因にもなります。

しっかりと情報の鮮度を保つことで、情報の質の側面でコンテンツ評価の向上につなげることが可能です。メンテナンスの手間はかかりますが、より有益で価値の高いメディアを作り上げるためにも管理体制を整備しておきましょう。

自社サイトの現状を把握できていますか?


SEOに取り組んでいるものの、「なぜ伸びないのか」「これから何をしたら良いのか」が分からず困っていませんか。

  • 検索順位が上がらない・下がってきた
  • セッションはあるけどなかなかCVしない
  • これからSEO対策に取り組むべきか知りたい

このようなお悩みを抱えている方を対象に、デジタリフトでは1時間のコンサルティングを無料で実施させていただきます。

もし、サイトが伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

サイトを更新する際は重複コンテンツに注意

サイトを更新し、重複コンテンツが発生するとSEO評価の分散し検索順位が下落する原因となります。コンテンツ間で内容が重複しないように、管理できるようにしておきましょう。

内容だけでなく、メインキーワードが被らないようにも注意が必要です。「SEO対策 費用」と「SEO対策 相場」の様にキーワード自体は違うものの、検索意図が被っている場合にも重複コンテンツ判定を受けることが多いです。

制作する前に「ruri-co」を使用してキーワード類似率を確認しておきましょう。類似率60%以上の場合は要注意です。

現状、重複コンテンツ判定を受けているかを確認したい場合は、サーチコンソールの「ページのインデックス登録」から以下の赤枠の部分で確認できます。

もし、重複が発生している場合はリライトやCanonicalタグの設置などを行い、解消しましょう。

まとめ

SEO評価に更新頻度は直接的には影響しません。しかし、コンテンツの質やクローラビリティには大きく関わるため、SEOにおいて重要な要素です。

しかし、「コンテンツの質」が最も重要であることは忘れてはいけません。高品質コンテンツを更新するという前提で、更新頻度を高めていく必要があります。

必要な更新頻度に関しては「必要記事数」や「リライト」を基準に目安を予測できます。大まかな更新頻度を基に、SEO施策のスケジュールを立てられるので参考にしてみてください。

自社サイトの課題と対策を明確にしませんか?

デジタリフトでは、「自社サイトの課題と対策を特定する」ワークショップを実施しております。ワークショップを実施することで、「なぜ成果が出ないのか」「これから何をすればいいのか」が明確になるので、今後のサイト運用に大いに役立てることができます。まずは、現状のお悩みからお聞かせください!

■対象の方

  • これからSEO対策を始めたいけど何から始めればいいのかがわからない、、、
  • 現状SEO対策に取り組んでいるが、検索順位が上がらず、原因と対策方法がわからない、、、
  • SEO対策で集客できるようになったが、コンバージョンしない、、、

■アウトプット例

■お申し込みフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。