SEOの成果につながる!ディレクトリ構造完全ガイド

この記事で分かること
  • SEOとディレクトリの関係性
  • ディレクトリ構造を最適化するメリット
  • ディレクトリ構造を最適化する際のポイント

SEOにおいてディレクトリは重要です。直接的に評価に大きなインパクトはないものの、間接的に様々なメリットをもたらします。何となくディレクトリ構造を直さなきゃとは思っているが、インパクトや工数を考えて、なかなか実行に移せていない方も多いのではないのでしょうか。

そこで、本記事では、ディレクトリ構造をテーマにSEOへの影響や、最適化の方法を解説していきます。ディレクトリ構造について知りたい方は、ぜひ見ていってください。

また、クローラービリティを向上させる他の施策を網羅的に知りたいという方は、下記の資料を参考にしてください。SEOのプロが実際に実践している施策一覧を紹介しております。

「クローラビリティを向上させる施策一覧の解説資料49ページ」を無料でダウンロードする

無料ウェビナーのご案内

こんなお悩みを持つ企業様におすすめ

  • デジタルマーケの成果を最大化させたい
  • デジタルマーケのどこから着手すべきか分からない
  • サービスサイト、オウンドメディアからのCVを増やしたい

日時

オンライン配信:2024年8月7日(水)13:00〜14:30

SEOには勝ち筋があることをご存知ですか?


SEOでは、すぐに成果が出る魔法のような施策は存在しません。

SEO対策で成果を出すためには、自社メディアの現状を把握し、正しい方向性正しい施策を実行し続ける必要があります。SEO対策で成果を出せない原因の多くは、正しい方向性で施策を回せていないことが挙げられます。

そこで、デジタリフトでは、貴社サイトの現状を分析し、正しい方向性を示す1時間のコンサルティングを無料で実施させていただいております。

もし、サイトの運用で伸び悩んでいると感じている方は、まずは身近なアドバイザーとしてご活用ください。

目次

SEOにおけるディレクトリの重要性

SEOにおいてディレクトリ構造を最適化することは非常に重要です。ディレクトリ構造自体がSEO評価に関係するわけではありませんが、間接的に大きな効果をもたらします。

詳しくは後述しますが、ディレクトリ構造を最適化することで、SEO施策を打ちやすい状況を整えることができます。また、ユーザーにとっても利用しやすいサイトとなり、結果的に検索順位の向上やコンバージョンの増加など成果につながる可能性があります。

サイト運営を行う上で、ディレクトリ構造は必ず最適化しておきましょう。

ディレクトリ構造を最適化するSEO効果

ディレクトリ構造を最適化すると2つのSEO効果が期待できます。成果を生み出せているサイトは必ずと言っても良いほど、ディレクトリ構造が最適化されています。即効性がある施策ではありませんが、長期的にサイト運営を行っていく場合、ディレクトリ構造が綺麗かそうでないかは大きな差が出ることになるでしょう。

ディレクトリ構造を最適化するSEO効果2つ
  • クローラビリティの向上
  • コンテンツのテーマ性向上

クローラビリティの向上

ディレクトリ構造を最適化することで、クローラーがたどりやすいサイト構造になります。複雑なディレクトリ構造の場合、クロールされないページが出る可能性があります。クロールされなければ、いくらそのページを改善しようと、意味がなくなってしまいます。

また、クローラビリティが良いこと=ユーザービリティも良いとも考えられるため、ユーザービリティ観点でSEO評価向上が期待できるでしょう。さらに、クロールしやすいページは、クローラーが巡回してくる頻度も高くなりやすいです。クローラーがよく巡回してきてくれると、サイトに反映されるまでの時間が早まり、施策の実装~改善までのサイクルを回しやすい状況を生み出せます。

コンテンツのテーマ性の向上

検索順位のシグナルとしてサイトのテーマ性も非常に重要です。Googleはディレクトリ単位でのテーマ性も加味してランキングを決定する傾向にあります。とくに、ミドル・ビッグキーワードとなるとテーマ性がある程度担保できていないと上位表示のハードルが上がってしまいます。

たとえば、「SEO」に関するコラムであれば「/column/seo/」の配下にSEOに関するコンテンツを置くことで、ディレクトリ単位での獲得キーワードが増え、SEOとの関連性を検索エンジンに示すことができます。

また、テーマ性だけでなく、内容にもこだわることでE-E-A-Tの1つである専門性にもつながり、さらなる相乗効果が期待できます。

また、クローラービリティを向上させる他の施策を網羅的に知りたいという方は、下記の資料を参考にしてください。SEOのプロが実際に実践している施策一覧を紹介しております。

「クローラビリティを向上させる施策一覧の解説資料49ページ」を無料でダウンロードする

綺麗なディレクトリ構造はサイト運営にも重要

綺麗なディレクトリ構造は、サイト運営を行う上でも、重要です。

サイト管理の負担軽減につながるため

ディレクトリ構造が複雑な場合、特定のページにだけ施策を実装したい、改善したい場合に探しにくくなってしまう可能性があります。もしかしたら、ページを間違えて更新してしまうかもしれません。

ディレクトリ構造が綺麗なら防げたであろうミスも発生する可能性が高まるので、負担軽減につながると言えます。

データ分析の工数削減につながるため

ディレクトリごとに綺麗に管理されている状態であれば、データも容易に確認できます。特定のディレクトリURLをツール内検索にかけることで、簡単にディレクトリ単位のパフォーマンスを確認できます

たとえば、オウンドメディアの中でもSEOに関するページのパフォーマンスのみを解析したい場合は、「column/seo/」のURLを打ち込めば、簡単にデータを確認できます。

一方で、ディレクトリ構造が最適化できていないと、各コンテンツのURLを探しだしたうえで、全体の数値を算出する手間も出てきます。

そうなると、明らかにディレクトリ構造が最適化されている方が、データ解析の手間も精度も高くなると想像できるでしょう。

ディレクトリ構造を最適化する際のポイント

ディレクトリ構造が最適化すると言っても、どのように実施すべきか分からない方も多いでしょう。そこで、ここではディレクトリ構造を最適化する際に重要なポイントを3つ紹介します。

ディレクトリ構造の最適化するポイント3つ
  • ツリー型を意識して設計する
  • 4階層の構造になるように設計する
  • ディレクトリ名は内容を表すスラッグを設定する

ツリー型を意識して設計する

クローラーはすべてのページを巡回しません。より効率よくサイト内を巡回してもらい、コンテンツの情報を読み取り、理解してもらうためにも同じカテゴリーの情報はまとめておくようにしましょう。

また、前述のとおりサイトの管理も楽になるので運用観点でもメリットがあります。大きくSEO評価に響く部分ではありませんが、検索エンジンにもユーザーにもわかりやすい構造にしておく方が良いでしょう。

重要なページは4階層目までに置く

サイトの階層が深いほどクローラーはたどり着きにくくなります。そのため、巡回してもらいたいページは4階層目までに追うようにしましょう。

なぜ4階層というと3クリックルールに基づいているためです。一般的に、ユーザーが目的のページまでに3クリック以内でたどり着けるサイト設計が理想とされています。

そのため、ユーザーにもクローラーにも優しいサイトを作るためにも重要です。

ディレクトリのURLは内容を表すスラッグを設定する

URL表記自体は、大きくSEO評価には関わりません。しかし、ページ内容を簡潔に表す単語でURLを設定すれば、ユーザーもクローラーもURLから内容を理解しやすくなります

また、管理もしやすくなります。たとえば、「https://digitalift.co.jp/page1/」「https://digitalift.co.jp/page2/」のようなURLで設定していた場合、コンテンツが増えていけば、URLだけでは何についてのページなのかが分かりにくくなってしまいます。

そのため、コンテンツ内容が分かりやすいURLにすることが重要です。

また、クローラービリティを向上させる他の施策を網羅的に知りたいという方は、下記の資料を参考にしてください。SEOのプロが実際に実践している施策一覧を紹介しております。

「クローラビリティを向上させる施策一覧の解説資料49ページ」を無料でダウンロードする

ディレクトリ構造と合わせて不要なページの削除も行うべき

SEOでは、サイトのテーマ性もかなり重要です。いくらディレクトリ構造が最適化されていたとしても、サイトテーマがぶれてしまっていては上位表示するハードルが上がってしまいます

たとえば、デジタリフトのドメイン配下に「侍」や「料理」に関するディレクトリを設けて、コンテンツを発信しても順位は上がりにくいです。また、関係のないコンテンツの量が増えてしまうほど、サイトテーマが中途半端になってしまい、順位を伸ばしたいコンテンツの成果も伸び悩むことになってしまいます。

そのため、不要なページは削除しましょう。どうしても削除できない場合は、ドメインを分けたり、サブドメインでの展開を検討しましょう。

まとめ

ディレクトリ構造は、直接的にSEO評価に大きく関わる部分ではないですが、サイトを運用していくうえでは非常に重要な要素です。

クローラビリティやユーザービリティが向上し、データが集まりやすくなるだけでなく、管理やデータ分析も楽になります。集めたデータを分析し施策の実行から改善までもスムーズに行えるようになるためSEOを行う上で有利な状況となります。

ディレクトリ構造を改善したい際は、この記事を参考にしてみてください。

また、クローラービリティを向上させる他の施策を網羅的に知りたいという方は、下記の資料を参考にしてください。SEOのプロが実際に実践している施策一覧を紹介しております。

「クローラビリティを向上させる施策一覧の解説資料49ページ」を無料でダウンロードする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。