menu
back

2022.07.26

デジタリフトのインターネット広告品質向上への取り組み

株式会社デジタリフト(以下「当社」といいます。)は、「カスタマーの意思決定を円滑に」をVISIONとして掲げ、「User Experienceをデジタル技術で最適化する」事をMISSIONとし、主にコンサルティングと広告運用を行っています。

その施策の一つとして、インターネット広告における品質向上に責任を持ち、広告主、カスタマー、社会からの信頼に応えていくことを常に心がけております。

【広告掲載先の品質確保(ブランドセーフティ)への取り組み】

当社は、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(以下「JIAA」といいます。)が定める「広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)(2019年4月制定)」に即して対策を行うことで、広告品質の向上に努めています。ブランドセーフティとは、広告掲載先の品質確保による広告主ブランドの安全性のことをいいます。

広告掲載先であるサイト、コンテンツ、アプリケーションに紛れ込む可能性のある違法・不当なサイトへの広告費の流出を防ぎ、インターネット広告市場の健全性を維持するため、及びブランド価値を重視する広告の掲載先として不適切なページやコンテンツへの広告配信を避け、広告主のブランドを守り安全性を確保するために、ブランドセーフティに取り組んでいます。

https://www.jiaa.org/katudo/gdl/brandsafe_gdl/

【広告トラフィックの品質確保への取り組み】

当社は、JIAAが定める「広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)(2021年4月制定)」に則して対策を行うことで、広告品質の向上に努めています。

無効トラフィックの排除とは、無効と判定されたトラフィックが最終的な広告配信後のレポーティングにおいてインプレッション、クリック等の成果の測定値から除外されることをいいます。

広告配信における無効なトラフィックを排除し、取引の信頼性を確保するとともに、不正な第三者への広告費の流出を防ぎ、市場の健全性を維持するために、無効トラフィック対策に取り組んでいます。

https://www.jiaa.org/katudo/gdl/ivt_gdl/

【一般社団法人デジタル広告品質認証機構による認証の取得状況】

当社は、一般社団法人デジタル広告品質認証機構(以下「JICDAQ」といいます。)の定める、「ブランドセーフティ認証」、「無効トラフィック対策認証」の基準をクリアすることで下記の認証を取得する予定です。

JICDAQは、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(JAA)、一般社団法人日本広告業協会(JAAA)、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の広告関係3団体により、デジタル広告の品質を認証する機関として、健全な広告ビジネスが確保され、広告主、カスタマー、企業、社会にとっても有益な環境が整備されることを目指して設立されました。

JICDAQは現在、デジタル広告関連事業者の「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外」と「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」に関わる業務プロセスの認証基準を制定し、それに沿った業務を適切に行っている事業者を認証し社名を公開しています。

back
コーポレートサイトからの
エントリー入社で「全員面接」

現在募集中の職種を見る