menu

横浜市内で依頼できるおすすめのインターネット広告代理店5選

「Web広告運用を代理店に依頼したい」そう考える方は多いのではないでしょうか?自社の商品・サービスを効率良く集客するために、広告代理店に広告運用を依頼する企業はとても多いです。

この記事では、横浜市内で依頼できるおすすめの広告代理店と、選ぶ際の基準となる比較ポイントについて詳しく解説します。この記事を読めば、広告代理店を選ぶ際にどの点を見て「どの広告代理店に依頼すべきか?」が分かります。

目次

横浜市内で依頼できるおすすめのインターネット広告代理店5選

ここからは横浜市内で依頼できるおすすめの広告代理店を5つピックアップして、おすすめのポイントについて詳しく解説します。

1.株式会社横浜メディア アド

【ポイント①】課題解決に複合的プロセス・WEB対策で取り組む広告代理店

膨大な過去の実績とデータを活かし、最適な方法と技術で顧客の課題解決に取り組む総合広告代理店です。WEB広告事業も多様であり、SNS、ポータルサイト、アフェリエイトやオウンドメディア対策だけでなく、消費者の位置情報を用いた位置情報メディアなどにも精通しているのが特徴です。それぞれのメディアの運用代行も行っています。

【ポイント②】圧倒的な取引業者数

取引業者数は2020年時点でのべ8000社を超え、また長い間横浜市に根付いた式典やイベントの広告・企画・運営を担当し、確固たる実績と信頼を築いています。

住所横浜市神奈川区栄町5番地1 横浜クリエーションスクエア4・5階
従業員数138名
上場未上場
電話番号045-450-1815
公式サイト横浜メディア アド (soag.co.jp)

2.株式会社アーバン企画

【ポイント①】WEB事業だけでなく屋内外の電子広告にも精通

HP作成、WEB広告制作、SEO対策やWEBコンサルティングに精通しているだけでなく、特殊撮影や動画制作、コロナ禍で増大した温度測定カメラのニーズに対応しているのも特徴です。近年目にするようになったデジタルサイネージの開発・設置を含む屋内外の電子広告・ビジョン広告の制作・企画も手掛けています。

【ポイント②】横浜に密着した数々の実績

WEB広告・HP作成だけでなく温度測定カメラ設置の分野においても横浜・神奈川の多種多様な企業・団体、公官庁への実績が多く、各分野の技術で地域社会に貢献しています。

住所神奈川県横浜市西区北幸2-8-19 横浜西口Kビル5F
従業員数16名
上場未上場
電話番号045-320-5161
公式サイト横浜の広告代理店 | 株式会社アーバン企画 (urban-sp.jp)

3.アド富士株式会社

【ポイント①】公共交通機関の広告を担う広告制作会社

インターネット広告だけでなく、全国のJRや私鉄電車内や駅構内、私営・公営バス内の広告や各種マスメディア広告や看板広告を幅広く扱う広告制作会社です。昨年からロケーション広告事業をスタートし現在事業拡大中です。

【ポイント②】各種大手取引先との実績

株式会社そごう・西部、株式会社有隣堂、ブックオフコーポレーション株式会社などとの取引実績があります。また空港看板や相模鉄道全駅のステップ広告や相鉄バス全車の広告ステッカー、車内ステッカーを手掛けており、地域にひろく知られている広告でもあります。

住所神奈川県横浜市西区北幸2丁目10番33号 マニュライフプレイス横浜4階
従業員数10名
上場未上場
電話番号045-326-3557
公式サイトアド富士株式会社 (adfuji.co.jp)

4.株式会社横浜アーチスト

【ポイント①】神奈川エリアでのイベント・広告業界のパイオニア

神奈川・横浜エリアを中心に様々な記念セレモニーやイベント、プロモーションを広告事業を行うイベント広告代理店です。アーティストやタレント斡旋などのブッキング事業から始まった会社ですが、施設管理業務や地域活性化事業、各マスメディア企画などにも幅広く対応しています。

【ポイント②】国際式典・イベント運営の実績

2019年ラグビーワールドカップや東京オリンピック2020での運営、イベント設営を行った実績があります。また横浜ベイスターズやSDG`s、地域活性化イベントなど、多種多様なイベントの管理や運営に携わっています。

住所神奈川県横浜市中区山下町223-1 5F
従業員数47名
上場未上場
電話番号045-681-5544
公式サイト神奈川・横浜エリアの総合広告代理店 イベント企画運営 | 横浜アーチスト (y-artist.co.jp)

5.株式会社旭広告社

【ポイント①】地域密着型の総合広告代理店

インターネット広告事業としてWEB広告、WEBマーケティング、SNS公式アカウントの代理運用を行っているだけでなく、制作、プロモーション、マーケティングプランニング、メディア広告も行っている総合広告代理店です。リスティング広告や動アクセス解析、SEO対策など細かく対応しています。

【ポイント②】細分化された各種事業分野

インターネット広告事業はGoogle検索・マップ検索に対応した更新・運用代行やSNSプロモーションも行っています。他にもLINE運用には専属スタッフもおり、ディスプレイ広告など、顧客の細かなニーズにも対応できます。

住所神奈川県横浜市中区常磐町2-19
従業員数88名
上場未上場
電話番号045-681-2831
公式サイトホーム | 旭広告社 | 次の一歩を創るトータルプランニングエージェンシー | 横浜の総合広告代理店 (asahi-ad.co.jp)

インターネット広告代理店を選ぶ際の3つの比較ポイント

広告代理店は数多く存在するため、依頼する際に代理店選びで悩む方は多いと思います。そこでまずは「広告代理店を選ぶ際の比較ポイント」となる3点について解説します。

1.広告代理店に支払う手数料の金額

広告運用を依頼する際に発生する手数料は、それぞれの広告代理店によって金額が異なります。料金形態には主に「定額」の場合と、広告費によって手数料が変動する「連動型」の2種類があるからです。

そのため、どちらの料金形態でいくら支払うのかは必ずチェックしましょう。

また、広告代理店を選ぶ際に「手数料の安さ」で決めないように注意しましょう。なぜなら、支払う手数料が安いと、受けられるサポートが少なくなってしまう可能性があるからです。

例えば「改善案の提案」や「定期レポートの頻度」など、広告運用で成果を出すためにはとても重要です。しかし、手数料が安い広告代理店の場合、提案数やレポート頻度が少ないおそれがあります。

そうなると、費用対効果を合わせた効率の良い運用は難しいです。お手頃な料金の広告代理店を選ぶのではなく、サービスと値段のバランスから代理店を検討しましょう。

2.サイト改善など広告運用以外のサポートはあるか?

広告代理店に「広告運用以外のサポートは受けられるか?」を確認しましょう。入札単価の調整やキーワードの選定だけでは、高い成果を出すことは難しいからです。

サイトの費用対効果を高めるためには、集客後の離脱率やコンバージョン率が重要になります。広告代理店にSEOの知識やアナリティクスの数値を分析できるスキルがあれば、「LPの改善提案」や「掲載するコンテンツの提案」が受けられるため、より成果を意識した運用が可能です。

3.広告代理店としての運用実績

広告代理店のこれまでの運用実績を確認しておきましょう。広告運用において、業界やサービス・商品の知識は成果に大きく影響するからです。

具体的には「広告の運用歴」のほかに「経験のある業界」や「媒体、数値改善の実績」などが確認するポイントになります。しかし、商品・サービスによっては知識や実績のある広告代理店が少ない可能性もあるかと思います。

その際は「自社の情報や要望をキャッチアップしてくれるか?」というポイントで広告代理店を決めることがおすすめです。例えばミーティングの頻度やチャットツールでスピーディにコミュニケーションができるか、サイト改善の提案数の多い広告代理店などの場合だと、情報を共有しやすいため、要望が運用に反映されやすくなります。

まとめ

横浜市内で依頼できるおすすめの広告代理店と選ぶ際の比較ポイントついて解説しました。広告代理店に運用を依頼することは、広告で成果を効率的に出すためにとても重要です。

支払うコストだけでなく、サポート内容や連携の取りやすさを考慮して、自社に合った代理店を選びましょう。今回解説した比較ポイントとおすすめの広告代理店を参考に、是非利用をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。