menu

東京都内で依頼できるおすすめのインターネット広告代理店5選

「Web広告運用を代理店に依頼したい」そう考える方は多いのではないでしょうか?自社の商品・サービスを効率良く集客するために、広告代理店に広告運用を依頼する企業はとても多いです。

この記事では、東京都にあるおすすめの広告代理店と、選ぶ際の基準となる比較ポイントについて詳しく解説します。この記事を読めば、広告代理店を選ぶ際にどの点を見て「どの広告代理店に依頼すべきか?」が分かります。

目次

インターネット広告代理店を選ぶ際の3つの比較ポイント

広告代理店は数多く存在するため、依頼する際に代理店選びで悩む方は多いと思います。そこでまずは「広告代理店を選ぶ際の比較ポイント」となる3点について解説します。

1.代理店に支払う手数料の金額

広告運用を依頼する際に発生する手数料は、それぞれの広告代理店によって金額が異なります。料金形態には主に「定額」の場合と、広告費によって手数料が変動する「連動型」の2種類があるからです。

そのため、どちらの料金形態でいくら支払うのかは必ずチェックしましょう。

また、広告代理店を選ぶ際に「手数料の安さ」で決めないように注意しましょう。なぜなら、支払う手数料が安いと、受けられるサポートが少なくなってしまう可能性があるからです。

例えば「改善案の提案」や「定期レポートの頻度」など、広告運用で成果を出すためにはとても重要です。しかし、手数料が安い広告代理店の場合、提案数やレポート頻度が少ないおそれがあります。

そうなると、費用対効果を合わせた効率の良い運用は難しいです。お手頃な料金の広告代理店を選ぶのではなく、サービスと値段のバランスから代理店を検討しましょう。

2.サイト改善など広告運用以外のサポートはあるか?

広告代理店に「広告運用以外のサポートは受けられるか?」を確認しましょう。入札単価の調整やキーワードの選定だけでは、高い成果を出すことは難しいからです。

サイトの費用対効果を高めるためには、集客後の離脱率やコンバージョン率が重要になります。広告代理店にSEOの知識やアナリティクスの数値を分析できるスキルがあれば、「LPの改善提案」や「掲載するコンテンツの提案」が受けられるため、より成果を意識した運用が可能です。

3.広告代理店としての運用実績

広告代理店のこれまでの運用実績を確認しておきましょう。広告運用において、業界やサービス・商品の知識は成果に大きく影響するからです。

具体的には「広告の運用歴」のほかに「経験のある業界」や「媒体、数値改善の実績」などが確認するポイントになります。しかし、商品・サービスによっては知識や実績のある広告代理店が少ない可能性もあるかと思います。

その際は「自社の情報や要望をキャッチアップしてくれるか?」というポイントで広告代理店を決めることがおすすめです。例えばミーティングの頻度やチャットツールでスピーディにコミュニケーションができるか、サイト改善の提案数の多い広告代理店などの場合だと、情報を共有しやすいため、要望が運用に反映されやすくなります。

東京にあるおすすめのインターネット広告代理店5選

ここからは東京都内にあるおすすめの広告代理店を5つピックアップして、おすすめのポイントについて詳しく解説します。

1.株式会社デジタリフト

サイトURLhttps://digitalift.co.jp/
手数料の目安月額広告費の20%(固定費型もあり)
広告運用以外のサポートSEO、クリエイティブ制作、LP改善など
特徴・強み・常により良いやり方を探し続ける「改善型」のアプローチでの広告運用・幅広い業界の実績あり・広告運用以外のサポートが充実

【ポイント①】SEO対策などのデジタルマーケティング支援も受けられる

デジタリフトが提供しているサービスには広告運用だけでなく、SEOやSNS運用、アフィリエイト広告などデジタルマーケティング全般についての支援も受けられます。

デジタリフトなら広告での集客からサイトやSNS改善まで、インターネット集客全般のサポートを受けることができます。

【ポイント②】ご予算に関わらずクライアントの成長をサポート

予算の大小に関わらずクライアントの事業規模を現状よりも大きくさせていくため、しっかりとマーケティング活動を行い、長期にわたって運用サポートを任せて頂くことを目指しております。

広告で出た成果に対しては、それに満足することなく改善策を検討して提案を行います。

2.アナグラム株式会社

サイトURLhttps://anagrams.jp/
手数料の目安月額広告費の20%
広告運用以外のサポートマーケティング提案、インハウス支援など
特徴・強み・担当者の経験が豊富・アクセス解析など幅広いサービス・一つ一つの案件に丁寧に対応ができる体制を整えている

【ポイント①】広告運用の経験が豊富な担当者が多く在籍している

アナグラムでは広告運用のキャリアが豊富な担当者が在籍しており、リスティングに関する書籍も多く執筆しています。万が一若手の担当者でも、実績があるリーダーによって育てられているため安心です。

日々マーケティングについて情報収集、アウトプットを行っている担当者から丁寧なサポートを受けられます。

参考:アナグラム執筆書籍

【ポイント②】事業戦略などの広告運用以外の相談が可能

「広告運用についての相談しか聞いてもらえない」と考えている方は多いかと思います。しかし、アナグラムではこれまでの広告運用の実績から「今後の事業戦略」や「市場調査」など、ビジネスにおける幅広い提案が可能です。

3.株式会社デジタルアイデンティティ

サイトURLhttps://digitalidentity.co.jp/まで
手数料の目安※応相談
広告運用以外のサポートSEO対策、Google Analytics解析など
特徴・強み・デジタルマーケティングをあらゆる範囲で対応する体制・市場調査やユーザー調査から導いた最適なコミュニケーション設計・マーケティングの全体像を描きPDCAをスピードよく回す・広告クリエイティブなど制作のサポートも可能

【ポイント①】アイデンティティ設計に基づいた戦略設計

デジタルアイデンティティでは、ユーザーの行動や心理状況を分析したうえでキーワード選定や改善案の提案を行います。サイト上の情報からのキーワード選定と比べて、より競合が少なく安定した収益を狙った広告出稿が可能です。

アイデンティティ設計は、リターゲティング設定やディスプレイ広告でも効果を発揮します。

参考:リスティング広告コンサルティングのご提供内容

【ポイント②】プロジェクト内容や広告規模に応じてプランを作成

決まっているプランでの広告運用ではなく、プロジェクトの内容や広告規模を考慮して、企業ごとにオーダーメイドの運用プランを作成します。例えば「PR目的」や「リピート拡大」など、目的によって運用方法は異なります。

デジタルアイデンティティでは、成果を最大限に出せるようなマーケティングプランを考案し、プロジェクト単位で分かりやすく細分化された実施フローを作成します。

4.株式会社オーリーズ

サイトURLhttps://allis-co.com/
手数料の目安100万円〜
広告運用以外のサポートインハウス支援、KPI設計など
特徴・強み・「アジャイル思考」で効率良く成果に導く・広告運用のプロとの確かなコミュニケーション・業界最高水準の運用実績

【ポイント①】素早くPDCAを繰り返す「アジャイル思考」での運用

広告運用は常に数値やトレンドが変化しているため、迅速な環境の適応が必要です。オーリーズでは、マーケティング戦略の立案から実行までを一貫して行い、テンポ良くPDCAを繰り返す「アジャイル思考」で運用を行います。

参考:「アジャイル思考」で、成功に導く。 | 株式会社オーリーズ~運用型広告に特化した広告代理店~

【ポイント②】実践主導のインハウス支援

効率的にインハウス化を進めるために、オーリーズでは座学だけでなく実践を用いたインハウス支援を行います。そのため、ただ知識を得るだけではなく、自社の課題が解決できる実用的な運用スキルの習得が可能です。

5.PLAN-B

サイトURLhttps://www.plan-b.co.jp/
手数料の目安月額広告費の20%(月額50万円〜)
広告運用以外のサポートコンテンツ制作、インフルエンサーマーケティングなど
特徴・強み・ペルソナに沿った確実なアカウント設計・豊富な改善実績あり・Yahoo!、Googleの上位認定資格あり

【ポイント①】売上を見据えたユーザー目線での広告運用

PLAN-Bでは、他の代理店のようなツールを利用した作業的な広告運用ではなく、ユーザーニーズを入念に調査したうえでの広告出稿が魅力です。そうすることで、ターゲットとなるペルソナを明確に設定し、費用対効果を最大化させます。

参考:リスティング(検索連動型)広告(&ディスプレイ広告) | PINTO! by PLAN-B

【ポイント②】要望に合わせて綿密なコミュニケーションが可能

Google Analyticsやヒートマップツールなどから計測したデータをもとに、定量的な改善を行います。レポート提出や進捗報告のミーティングについては、要望に応じて臨機応変に対応可能です。

月に一度や隔週での実施など、自社の温度感に寄り添ってくれます。

まとめ

東京都のおすすめの広告代理店と選ぶ際の比較ポイントついて解説しました。広告代理店に運用を依頼することは、広告で成果を効率的に出すためにとても重要です。

支払うコストだけでなく、サポート内容や連携の取りやすさを考慮して、自社に合った代理店を選びましょう。今回解説した比較ポイントとおすすめの広告代理店を参考に、是非利用をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。