menu

TikTok広告の費用は?広告効果と種類についても紹介

「TikTok広告を出稿したいが、費用感やどんな効果が期待できるか分からない」そうお困りの方は多いのではないでしょうか?TikTokは、10代〜20代が多く利用しており、シェア機能により他のSNSにも拡散できることが特徴のSNS広告です。

しかし、広告作成のコツや適した課金方式を理解していないと、費用対効果の低い運用となってしまいます。現状、そのような運用を行っている企業はとても多いです。

そこでこの記事では、TikTok広告の広告費の費用感や広告の種類、費用対効果を高めるポイントを詳しく解説します。この記事を読めば「自社にとってTikTok広告の出稿は必要なのか?」が分かります。

目次

TikTok広告の費用感、目安

クリック課金やインプレッション課金などの課金方式の選択次第では、少額から始めることも可能です。(クリック課金:月5万円程度、インプレッション課金:月10万円程度)

広告費用の相場や目安は、種類や課金方式などの出稿内容によって異なります。最初から高額の広告費をかけてしまい、大きいマイナスを出さないためにも、費用は適切な広告予算でスタートさせましょう。

TikTok広告の種類

TikTok広告の種類について解説します。TikTok広告は種類ごとに特徴があり、適した目的が異なります。

起動画面広告

起動画面広告は、TikTokのアプリを開いた際に表示される広告です。広告枠が1日1枠のみのため、確保が難しく、広告費が高くなる傾向にあります。

しかし、すべてのTikTokユーザーに広告を配信できるため、表示回数を最大化させたい場合に向いています。

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジとは、公式アカウントから投稿されたコンテンツをユーザーが真似することで、他のユーザーへの拡散が期待できる広告です。

共通のハッシュタグで投稿してもらえるため、企業イメージの構築や新規ユーザーの開拓に向いています。

インフィード広告

インフィード広告は「おすすめ」に表示される広告です。通常の投稿に紛れて表示されるため、他の種類の広告よりも「広告感」が薄れて、ユーザーに不快感を与えにくい配信ができます。

広告費が1日単位で契約できる「期間契約型」のため、ユーザーの反応を見ながら広告の露出頻度などを調整したい場合に向いています。

運用型広告

運用型広告は他のSNS広告と同様に、予算や細かいターゲティングなどを設定できる広告です。課金方式も選ぶことができ、数十円〜数千円程度の少額からスタートできます。

また、TikTokが運営しているTopBuzzなどの別アプリでも配信が可能です。低予算で始めたい場合や、ターゲットを絞ってコンバージョン重視で運用したい場合に向いています。

TikTok広告で選択できる課金方式

TikTok広告で選択できる課金方式について解説します。課金方式によって費用が発生するタイミングが異なるため、自社の運用方針に合った課金方式を選択しましょう。

インプレッション課金(CPM)

インプレッション課金(CPM)は、広告クリックに関係なく費用が発生することが特徴です。広告が表示されるたびに費用が発生します。クリック課金より単価が低い傾向にあります

クリック課金(CPC)

クリック課金(CPC)は、広告がクリックされるたびに費用が発生します。インプレッション課金より費用単価が高い傾向にありますが、クリックを行わなかったユーザーには費用が発生しないことが特徴です。

再生課金(CPV)

再生課金(CPV)は、課金されるタイミングを「2秒」「6秒」「最後まで再生」から選択可能です。動画広告が一定の秒数再生されるたびに費用が発生します。

期間契約型

対象期間での想定インプレッションが事前に分かるため、ブランディング目的で一定の期間に広く配信を行いたい際に有効です。

そのため、使用できる広告費が決まっている場合や、起動画面広告などの予約型広告で用いられます。

TikTok広告から得られる広告効果

他のSNS広告では得られない、TikTok広告の広告効果について解説します。

若年層(10代〜20代)を中心に広告配信できる

TikTok広告では、10代〜20代の若年層を中心に広告を配信できます。なぜなら、TikTokユーザーの約4割が10代〜20代だからです。

また、10代のユーザーの約7割は「1日に平均6回もTikTokを開いている」という調査結果もあります。もはやTikTokは若年層にとって、生活にかかせないSNSです。

そのため、若年層をターゲットにした商品・サービスを展開している企業は特におすすめです。

TwitterやInstagramにも投稿を拡散できる

TikTok広告は、他のSNSにも投稿を拡散できます。投稿した動画をTwitterやInstagramなどの他のSNSにシェアできる機能があるからです。

自社の広告がユーザーから拡散されれば、広告の表示回数を一気に伸ばせます。Twitterは特にリツイート機能があるため、Twitter内でさらに拡散される可能性があるでしょう。

そのため、TikTok広告は「多くのユーザーが興味を持つような投稿が出来るか?」がポイントとなります。

ユーザーに商品・サービスの購入を促しやすい

TikTok広告は、他のSNSと比べてユーザーに商品・サービスの購入を促しやすいことが魅力です。約2割のユーザーが「TikTok内で紹介された商品・サービスを購入したことがある」と回答しています。

購入率は年々増加傾向にあることから、行動に移しやすいアクティブなユーザーが多いといえます。そのため、他のSNS広告よりも高いコンバージョン率が期待できるでしょう。

TikTok広告で費用対効果を高める3つのポイント

TikTok広告で高い成果を出すには、クリエイティブや機能の工夫、活用が必要です。ここでは、費用対効果を高める4つのポイントを紹介します。

1.動画広告は15秒以内におさえ、最初の3秒に注力する

動画広告は最長60秒までの動画を作成できますが、15秒以内に抑えましょう。なぜなら、基本的に投稿は15秒以内が多く、TikTok公式も9〜15秒を推奨しているからです。

秒数を長くすることで伝える情報量を増やせますが、ユーザーから飽きられてしまう可能性が高くなります。TikTokユーザーは、最初の数秒で「興味があるか」を判断し、興味がない場合は、すぐ次の投稿にスワイプしてしまいます。

そのため、動画広告は「開始3秒以内にユーザーの興味をひけるか?」が重要です。具体的には、印象に残るフレーズやBGMを入れることなどが考えられます。

2.縦型のクリエイティブを作成する

TikTok広告は、縦型(9:16)サイズを優先的に作成することがおすすめです。なぜなら、ユーザーのほとんどがスマートフォンからTikTokを利用しており、縦型のコンテンツの方が見やすい環境だからです。

広告を縦型にすることで通常の投稿のようになり「広告感」が薄れます。また、横型広告と比べて広告認知率や購入・利用思考が高いことも分かっています。

費用対効果を高めるなら、広告は縦型(9:16)サイズを配信しましょう。クリエイティブ作成の際は、ボタンやアイコンなどの位置に注意が必要です。

3.機械学習を使いこなす

費用対効果を高めるために、機械学習を効率良く利用しましょう。なぜなら、機械学習の精度が上がれば、コンバージョンを重視したターゲティング設定を行えるからです。

機械学習は、これまで発生したコンバージョンデータを参考に、コンバージョン率が高いユーザーの傾向を学習します。過去のデータ数が多いほど、ターゲティングの精度が上がります。

機械学習が発達すれば、余計な広告費をおさえた、コンバージョン率の高い広告運用が可能です。初動の学習には、7日以内に1広告セットあたり50CVが必要となります。

広告運用を始める際は、機械学習を考慮してアカウント設計を行いましょう。

まとめ

TikTok広告の費用感と広告効果、費用対効果のポイントについて解説しました。TikTok広告は、若年層をターゲットとした商品・サービスに向いており、ユーザーの購買につながりやすいSNS広告です。

しかし、成果を出すまでにはクリエイティブ作成の工夫や機械学習など、A/Bテストを行う試験期間がある程度かかります。短期間で費用対効果を高めるには、十分な広告運用の知識や経験が必要です。

なるべく短期間で成果を出したい場合は、運用代理店に依頼しても良いでしょう。広告運用のプロである代理店に広告配信を依頼することで、最短で目標成果の達成が期待できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。