menu

札幌市内で依頼できるおすすめのインターネット広告代理店5選

「Web広告運用を代理店に依頼したい」そう考える方は多いのではないでしょうか?自社の商品・サービスを効率良く集客するために、広告代理店に広告運用を依頼する企業はとても多いです。

この記事では、札幌市内で依頼できる広告代理店と、選ぶ際の基準となる比較ポイントについて詳しく解説します。この記事を読めば、広告代理店を選ぶ際にどの点を見て「どの広告代理店に依頼すべきか?」が分かります。

目次

インターネット広告代理店を選ぶ際の3つの比較ポイント

広告代理店は数多く存在するため、依頼する際に代理店選びで悩む方は多いと思います。そこでまずは「広告代理店を選ぶ際の比較ポイント」となる3点について解説します。

1.代理店に支払う手数料の金額

広告運用を依頼する際に発生する手数料は、それぞれの広告代理店によって金額が異なります。料金形態には主に「定額」の場合と、広告費によって手数料が変動する「連動型」の2種類があるからです。

そのため、どちらの料金形態でいくら支払うのかは必ずチェックしましょう。

また、広告代理店を選ぶ際に「手数料の安さ」で決めないように注意しましょう。なぜなら、支払う手数料が安いと、受けられるサポートが少なくなってしまう可能性があるからです。

例えば「改善案の提案」や「定期レポートの頻度」など、広告運用で成果を出すためにはとても重要です。しかし、手数料が安い広告代理店の場合、提案数やレポート頻度が少ないおそれがあります。

そうなると、費用対効果を合わせた効率の良い運用は難しいです。お手頃な料金の広告代理店を選ぶのではなく、サービスと値段のバランスから代理店を検討しましょう。

2.サイト改善など広告運用以外のサポートはあるか?

広告代理店に「広告運用以外のサポートは受けられるか?」を確認しましょう。入札単価の調整やキーワードの選定だけでは、高い成果を出すことは難しいからです。

サイトの費用対効果を高めるためには、集客後の離脱率やコンバージョン率が重要になります。広告代理店にSEOの知識やアナリティクスの数値を分析できるスキルがあれば、「LPの改善提案」や「掲載するコンテンツの提案」が受けられるため、より成果を意識した運用が可能です。

3.広告代理店としての運用実績

広告代理店のこれまでの運用実績を確認しておきましょう。広告運用において、業界やサービス・商品の知識は成果に大きく影響するからです。

具体的には「広告の運用歴」のほかに「経験のある業界」や「媒体、数値改善の実績」などが確認するポイントになります。しかし、商品・サービスによっては知識や実績のある広告代理店が少ない可能性もあるかと思います。

その際は「自社の情報や要望をキャッチアップしてくれるか?」というポイントで広告代理店を決めることがおすすめです。例えばミーティングの頻度やチャットツールでスピーディにコミュニケーションができるか、サイト改善の提案数の多い広告代理店などの場合だと、情報を共有しやすいため、要望が運用に反映されやすくなります。

札幌市内で依頼できるおすすめのインターネット広告代理店5選

ここからは札幌市内で依頼できるおすすめの広告代理店を5つピックアップして、おすすめのポイントについて詳しく解説します。

1.株式会社デジタリフト

【ポイント①】SDGsへの貢献を見据えて東京以外の全国で対応可能

デジタリフトではSDGsへの貢献を見据えており、居住地にとらわれないサービス提供を目指しています。そのため、東京以外の全国の企業に対して、広告運用サービスの提供が可能です。

レベルの高い東京の代理店の広告支援が、全国どこでも受けられます。

参考:デジタリフトは、SDGsへの貢献を見据え、47都道府県すべての地域での採用を実現します

【ポイント②】SEO対策などのデジタルマーケティング支援も受けられる

デジタリフトが提供しているサービスには広告運用だけでなく、SEOやSNS運用、アフィリエイト広告などデジタルマーケティング全般についての支援も受けられます。

デジタリフトなら広告での集客からサイトやSNS改善まで、インターネット集客全般のサポートを受けることができます。

住所東京都港区西麻布4-12-24 興和西麻布ビル 7階
従業員数70名
上場グロース市場
電話番号03-6434-9896
公式サイトhttps://digitalift.co.jp/

2.株式会社創文

【ポイント①】オンライン・オフラインを問わずに広告媒体の取り扱いあり

株式会社創文は札幌市中央区に本社を構える広告代理店です。1998年に設立された老舗の広告代理店でもあり、北海道・札幌地域に根ざして広告代理店業務を展開しています。扱っている広告媒体はテレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディアから、Web広告・SNS広告などのインターネット広告、交通広告・屋外広告まで幅広いです。オンライン・オフラインを問わずに広告媒体を扱っていますので、様々な媒体で広告展開を進めたい際に打ってつけの広告代理店となります。

住所北海道札幌市中央区北3条西2丁目1番地カミヤマビル3F
従業員数非公開
上場未上場
電話番号011-200-8611
公式サイトhttp://www.soubunn.co.jp/

3.株式会社インサイト

【ポイント①】「生活者の心を動かす」Web広告運用を提供

株式会社インサイトは、ターゲットユーザーとなる生活者の「心を動かす」Web広告運用を重視しています。「心を動かす」と聞くと少し抽象的に聞こえますが、インサイトはWeb広告運用の解析を通じて、客観的にターゲットユーザーの行動を追っていく点が強みです。Web広告を通じてユーザーが購買行動に移れるよう、ターゲティングや広告文・広告クリエイティブの制作を進めてくれます。

【ポイント②】Web広告流入先のサイトも作成可能

株式会社インサイトは、Web広告の流入先となるサイト・ランディングページの作成も請け負っています。Web広告運用で成果を出すためには、広告流入先のサイト・ページを充実させることも重要です。せっかくWeb広告で集客できても、流入先サイト・ページのクオリティが低いとユーザーはすぐに離脱してしまいます。

この点、株式会社インサイトであればサイト制作の実績も豊富ですので、安心してサイト・ページ制作を依頼可能です。

住所北海道札幌市中央区北四条三丁目1番地 札幌駅前合同ビル6階
従業員数非公開
上場未上場
電話番号011-233-2221
公式サイトhttps://www.ppi.jp/

4.株式会社I-PRO

【ポイント①】リスティング広告・SNS広告など各種Web広告運用に対応

株式会社I-PROは、リスティング広告・SNS広告など各種Web広告の運用に対応しています。対応しているWeb広告の種類は下記の通りです。

  • Google広告(リスティング広告・ディスプレイ広告)、Yahoo!広告(リスティング広告・ディスプレイ広告)、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、LINE広告、YouTube広告

主要Web広告の運用にすべて対応していますので、複数のWeb広告運用を依頼する際にもI-PROは最適です。

【ポイント②】Web広告用のクリエイティブ制作も行ってくれる

株式会社I-PROは、ディスプレイ広告やSNS広告のバナー画像、YouTube広告用の動画などクリエイティブ制作も請け負っています。Web広告運用と一括して制作を依頼できるので、別の制作会社に依頼する手間もかかりません。また広告運用を進めながらクリエイティブの改善を行ってもらうことも可能です。Web広告運用からクリエイティブ制作まで一括して依頼したい場合に、I-PROは非常に心強い広告代理店です。

住所北海道札幌市中央区北1条西9丁目3番地27 第三古久根ビル6F
従業員数非公開
上場未上場
電話番号011-232-1818
公式サイトhttps://www.i-pro.gs/

5.株式会社バリオン

【ポイント①】Web広告運用に加えてメディアプランニングも対応

株式会社バリオンではWeb広告運用に加えて、メディアプランニングにも対応しています。Web広告運用によって短期的な集客を獲得しながら、メディア運営で長期的に安定した集客獲得を狙うことも可能です。本格的にメディア運営を行いたい際に、バリオンは非常に頼もしいパートナーになってくれます。

【ポイント②】Webサイト制作・動画制作も依頼可能

株式会社バリオンは、Webサイト制作・動画制作も対応可能です。広告流入先のサイト制作、広告用動画の制作も合わせて依頼できるので、自社でクリエイティブを用意する必要もありません。クライアントの要望に沿って、サイト・動画制作を細かく進めてくれる点もバリオンの強みです。

住所北海道札幌市中央区南1条1丁目2-1 太平洋興発ビル5F
従業員数21名
上場未上場
電話番号011-261-8100
公式サイトhttps://www.varione.co.jp/

まとめ

札幌市内で依頼できるおすすめの広告代理店と選ぶ際の比較ポイントついて解説しました。広告代理店に運用を依頼することは、広告で成果を効率的に出すためにとても重要です。

支払うコストだけでなく、サポート内容や連携の取りやすさを考慮して、自社に合った代理店を選びましょう。今回解説した比較ポイントとおすすめの広告代理店を参考に、是非利用をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。