menu

Criteo広告代理店

広告運用にこんなお困りのことがありませんか?

単品商材と相性の良い広告媒体を探している
ECサイトや旅行サイトなど品目の多い媒体で広告出稿をしてPV数を増やしたい
機械学習が優秀でターゲティングが正確な広告配信をしたい

Criteo広告ならこれらの課題に対して

しっかりと成果を出せます。

目次

Criteo広告とは

Criteo広告
約2000万人(2019年8月)
20~50代の働く世代が中心。高所得のビジネスマンから利用されている。

通販・人材・不動産・旅行といった商品点数が数千~数十万以上に及ぶような業種での出稿が圧倒的に多い。
高度な機械学習でユーザーの興味関心を分析。獲得見込みの高いユーザーを判別し、おすすめ広告として配信が可能です。

広告運用実績

最長運用年数

年(創業以来)

最長運用年数のクライアント様では、事業主様は弊社を社内のマーケティング部署として考えて頂き、集中するべき課題に社内リソースを振られています。

累計取引企業数

350(2021/11現在)

2021年11月の時点で350社という数の企業様とお取引をさせて頂いております。

お取引を頂いた企業様からの紹介も多く頂いている状況ですので、信用してお任せ頂けているのだと考えております。

Criteoの広告運用で私たちが大切にしていること

修正や提案は定期的に行う

広告の配信設定についての見直しは定期的に行っております。
実行するだけで終わりにせず、課題に対しての解決策の提示を行っていきます。

ヒアリングを大切にしています

ヒアリングに重点をおいてお客様のビジネスや考えについての理解を深めます。
さらに、課題とビジネスゴールを明確にした上で広告戦略を立案しています。

Criteo広告専門のスタッフが常駐

弊社ではCriteo広告運用に対する専門知識を持つスタッフが常駐しております。広告運用については素早く、着実に成果へつなげられる体制を整えております。

Criteoの広告運用での私たち独自の単品商品特化の配信方法

本来、Criteoで扱う商材はECサイト、旅行サイトなど、多品目のものが主流となっておりますが、単品商材においても成果を発揮することが可能です。

デジタリフトでは単品商材においても多くの実績があるため、健康食品などの単品商材系の広告配信をご希望の方はお問合せください。

Criteo広告配信までの流れ

Criteo広告は弊社とご契約を頂いてから配信開始まで約2ヶ月ほど頂いております(お客様側で広告出稿するWebサイトや広告のバナーを既にお持ちの場合)

STEP
ご依頼内容のヒアリング

お客様の事業の内容、商材に関して、広告の配信状況など現在のマーケティング状況をヒアリング致します。

ヒアリングは訪問または、ビデオ会議ツールを使用します。

STEP
ご提案

Criteo広告をご利用をされる際の配信ターゲット、配信キーワードプランを提案致します。

STEP
配信準備

ヒアリングを実施した内容にもとづき広告バナー、Webサイトなどの確認や計測タグの設定を行っていきます。
この期間で約2週間の期間を頂いております。

STEP
配信開始

Criteo広告の広告配信を開始致します。業種にもよりますが通常は開始後、1カ月程度で機械学習による運用結果が得られます。

その後に商品・サービスの特性、ターゲットセグメントの反応状況に応じて、KPI、配信ロジック、入札単価の調整を実施します。

よくある質問について

レポートの頻度はどれぐらいですか?

スプレッドシートでのデイリーでの共有や、週次でのご送付をさせて頂いております。

広告の配信開始後はどのような運用ができますか

運用状況を見ながら、テキストを随時更新しPDCAを回しながら広告文や配信金額などの調整を行っていきます。

現在配信している広告の分析や改善点を教えて頂けますでしょうか?

可能です。 初回のご相談については無料で行っております。お客様の広告アカウントを分析し、 私たちに蓄積したデータから最適解をご提案することができます。

フィードの用意をどうすればよいですか?

弊社にてご用意が可能です。これまでの実績を元にCriteo用フィードの提案を行います。

Criteo広告に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けする」を合言葉に皆様に良いと思って頂けるデジタルマーケティングに関する情報を発信しております。